ライフプランニング

目次

『住宅資金』は一番最後に考える

 住宅は贅沢をしなければ安い家を借りることが可能です。しかし、お子様がいるご家庭では、『教育費』は必ず発生します。また、『老後資金』についても、生活していく以上必ず発生する費用の一つです。

この『必ず発生する費用』を把握せずに住宅を購入した方が、『住宅ローン返済に負担感』を抱く結果となっています。

『住宅資金』=無理なく返済できる『返済可能額』となりますが、この『返済可能額』は、まずは想定できる『生涯年収』を把握し、そこから必ず発生する費用である『教育資金』、『老後資金』、そして余剰資金(普段の生活費や旅行費など)を差引ます。そこから余った資金を『住宅資金』へ充てることをお勧めします。

『ライフプランニング』で把握できること

住宅の購入は、人生で一度あるかないかの大きな買い物であり、今後の人生へ大きな影響を与えます。

生涯のおいて三大支出と言われる『住宅資金』『教育資金』『老後資金』を把握し、住宅購入後、後悔しない為にもライフプランニングを行いましょう。

『ライフプランニング』で把握できること

  • 老後の年金収入
  • 毎年のローン返済額と住宅ローン残高推移(シュミレーション)
  • 住宅ローン返済プラン
  • 住まいにかかる費用
  • 子どもの教育費
  • 将来の収入と支出の推移グラフ
  • 年間収支と現預金額
  • 将来の予測収支(キャッシュフロー表)
    など

ライフプランニングの項目を入力する中で、子供の教育方針や今後の生活スタイル、老後の過ごし方などについて、ご家族の価値観を把握し、理想と現実の乖離を把握することで、より現実的な住宅選びへ進むことが可能となります。

無理なく返済できる金額(返済可能額)を把握する唯一の方法が『ライフプランニング』であり、何となく『不安』に思いながらも、住宅を購入してしまう方は、住宅ローン返済が負担になる可能性が高くなります。購入後に後悔しない為にも、『ライフプランニング』は必ず行いましょう。

住宅を購入することが『目的』ではなく、住宅購入前よりも豊かな生活が送れる『手段』として、考えていただければと思います。

実際のシュミレーション画面

数字だけでなく、グラフで分かりい内容になっております。今後の人生設計の活用下さい。

ライフプランシュミレーションを活用する

ライフプランシュミレーションは、『無料』で活用することが可能です。

マニュアルを一つ一つ確認し、入力することで精密な人生設計を作ることが可能です。

もしくは、操作が難しくてご自身で触れない方は、弊社へご連絡下さい。
無料で作成させていただきます。

下記、ボタンよりシュミレーションをお試し下さい。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる